可視光通信とは

可視光通信とは、文字通り、可視光を使った通信のことです。可視光は、ヒトの目で見える電磁波のことで、約380nmから約780nmまでの範囲の波長を持っています。可視光通信は、その送信機として現在広く普及しているLED照明などの可視光光源を利用することができるので、ユビキタスコミュニケーションの手段として期待されています。その利用方法などを次の概要でご紹介します。