利用(実績)

可視光通信は様々な用途に使うことができます。以下にそのうちのいくつかをご紹介します。

高速可視光通信

株式会社アウトスタンディングテクノロジーは、2015年3月に世界初の商用可視光通信システムの量産を開始する予定です。通信速度は5Mbpsから20Mbpsまでのベストエフォートでの通信距離は1mから5mです。

LED照明をビーコンとして用いた屋内ナビゲーション

2012年に慶應義塾大学 SDM研究科春山研究室とパナソニック株式会社が大阪南港 ATCエイジレスセンターにおいて視覚障害者向けの音声ナビゲーションシステムの実証実験を行いました。
LED照明から位置情報を送り、可視光受信機とスマートフォンを連携させて屋内を音声でガイドすることができます。

WS000006

視覚障害者向けの音声ナビゲーションシステム