可視光通信の概要

可視光通信は、ヒトの目で見える光を使って通信をする方式ですが、他の方式と比べて以下の特徴があります。

可視光通信は、広く普及しつつあるLED照明等を用いるとユビキタスに通信するための手段として利用することができます。ヒトの目に見える可視光の光源は、照明器具、交通信号機、乗用車のランプ、ディスプレイのバックライト等に利用されていますが、このようにあらゆるの場に存在する光源をデータ通信装置として使うことができるようになればユビキタス通信に適した通信手段となります。 その光源は、光らせるために電源がすでに使われている場合、通信のためにあらたに電源を用意する必要はありません。さらに、可視光は過度に光強度が過度にまぶしくない限り人体に悪影響を及ぼす心配はありません。 また、電波による通信は電波法による規制がありますが、可視光による通信は自由に使うことが出来ます。